沈設誘導システム 「マリオネット」

沈設誘導システムとは、沈埋トンネルや橋梁基礎等の

水中構造物を、測量塔設置作業や潜水作業を行わず
大水深・潮流下においても高精度に沈設するシステムです。
 沈埋トンネルなどの沈設時の位置計測は、 函体内部函体内部の傾斜計と函体上に設置された測量塔の位置計測により沈埋函の姿勢を特定していました。この方式では、測量塔自体の製作や沈設作業前後において大型クレーン船作業を必要とし、また大水深・・潮流下の場合、測量塔は沈設完了時まで水面上に突出させる必要性があり長尺なものとなります。測量塔取付時においては、長尺測量塔に対応したクレーン船の大型化・取付時の函体の安定性などに問題が生じ、また沈設時にも長尺測量塔に潮流力が作用し、函体が不安定となります。沈設後には測量塔撤去のための潜水作業が必要となり、沈設水深に従い潜水水深も増大し、設備や安全面でも問題が生じます。
 本システムはGPS、超音波を用いたレスポンダーにより、測量塔および潜水作業を不要とし、既存水深から大水深・潮流下においての構造物沈設を可能とするものです。
(1)測量塔設置作業や潜水作業が不要。
 従来の測量塔を用いた沈設方式では、 大型起重機船による測量塔設置作業や、沈設後の測量塔の撤去には潜水作業が必要となり、水深の増加に伴い設備や作業の危険度も増加しますが、本システムでは起重機船や潜水作業が不要で、安全で経済的な沈設が可能となります。
(2)大水深の沈設が可能。
水深と対応した長尺な測量塔が不要であり、大水深下への沈設が可能となります。
(3)潮流下の沈設が可能。
 従来の測量塔を用いた沈設方式では、潮流下において長尺な測量塔は流体力を受け、沈設中の構造物が不安定となりますが、本システムでは測量塔不要であるため、潮流下での沈設が可能となります。
(4)高精度沈設が可能。
 本システムを用いて水深60m における沈埋函設置を試算した結果、±5cmの精度が確認されました。

沈設誘導システム 「マリオネット」

 起重機船や潜水作業が不要で、安全で経済的な沈設が
可能となり、大水深下への高精度沈設が可能となります。
従来の沈設
 従来の測量塔を用いた沈設方法では、測量塔の設置撤去に
伴う大型起重機船作業や潜水作業が発生します。また大水深
に対応する場合は長尺な測量塔が必要となります。
概要
特徴
 レスポンダーの超音波測距による相対位置計測と、GPSによる作業船の絶対位置計測を高速演算し、沈埋函の絶対位置を計測します。
 各センサーは小型なため、設置時に起重機船等の大型機械を必要としません。
 センサーからの計測値を高速演算し、目標位置との差異を絶対座標に基き、毎秒1回の頻度でグラフィカルに表示します。
既存方法の1/2〜1/5の低コストで計測可能。
 水深20mにおける計測制度は±2cm、水深60mでは±5cm(センサーの配置状況により若干の変化があります。)
測定方法
センサー設置
測定装置
計測費用
計測精度
戻る