交通量調査

道路交通状況の将来予測を実施するため、主要交差点における交通量調査及び歩行者通行量調査を 行います。

写真



1.交通量調査
   @交差点部、単路部調査(例:交差点部12方向、単路部4方向)
   A車種別調査(例:大型貨物、小型貨物、大型乗用車、小型乗用車、二輪車)
   B歩行者、自転車調査(例:歩道、商店街、踏切)
2.交通速度調査
3.信号現示調査
4.滞留長、渋滞長調査
5.旅行時間調査
6.駐車場入出庫調査
   @入出庫台数
   A駐車時間調査
   B駐車場入出庫時間調査
7.OD調査
    @ナンバー調査
    Aビデオ調査
    Bアンケート調査
8.その他
    環境(振動・騒音と交通量との相関調査)

交通シミュレーション

交通シミュレーションにより、将来予測や交通渋滞対策のための解析を行います。

1.必要駐車台数の算出

大規模小売店舗立地法の指針式により、必要駐車台数、店舗の来店交通量を計算します。
同じ式により、店舗の来店交通量を計算します。



2.商圏の設定

道路の走行速度、地形、競合店を考慮して商圏を設定します。


3.経路の設定

商圏の人口より方面別の比率を算出し、来店経路、帰宅経路を設定します。


4.交通流量図

交差点飽和度を算出するため、交差点の交通量を集計します。



5.交差点飽和度の計算

交差点交通量集計結果に基づき、交差点飽和度を計算します。

交差点飽和度計算表